クロムめっき

クロムめっき

クロムめっき
クロムめっき技術とその応用
 

クロム技術は機械製造技術で人気があります。

ほとんどすべての国が機械製品に役立つクロムメッキ工場を持っています。

クロム金属の性質のまとめ
クロム金属色:
特別な青い光の卵

クロム金属表面は1層のCr 2 O 3薄膜で覆われているので、薄い青銀色です。

クロム金属硬度
クロムは非常に高い硬度を持っています
クロムは、高融点の硬くて脆い金属です。
優れた耐食性
高い耐擦傷性

クロム金属の応用
そのため、物理的および化学的性質として、耐食性を向上させ硬度を高めるために鋼に添加する元素としてクロムが使用されます。Crを含む鋼はステンレス鋼またはステンレス鋼と呼ばれます。

冶金業界では、表面抵抗と耐食性を高めるために:

ナイフやはさみを作るためのステンレス鋼のような合金成分として。

クロムメッキ業界での応用
ベンハードバレルクロームメッキ

クロムメッキバレルシリンダー

化学的用途:
アルミニウムを陽極酸化処理(陽極化成)して文字通りルビーにする。

染料や塗料を作る用途:

酸化クロム(III)(Cr 2 O 3)は、チョークと呼ばれる金属研磨剤です。

着色されたクロム塩はガラス緑色のエメラルド色を与えます。

クロムはルビーレッドの成分なので、合成ルビーに使用されています。

鮮やかな黄色の染料と塗料を作りましょう

触媒です。

クロマイトは、レンガやタイルを焼成するための型として使用されます。

クロム塩はなめしプロセスで使用されます。

重クロム酸カリウム(K 2 Cr 2 O 7)は、実験用ガラス器具の洗浄や滴定剤としての役割を果たす化学試薬です。それは織物染料のための着色剤(色安定剤)としても使用される。

クロム金属物理学アプリケーション:
酸化クロム(IV)(CrO 2)は磁気テープの製造に使用され、そこでは酸化鉄バンドよりも磁気抵抗が高い。

防食として井戸掘削装置で。

医学では、体重を減らすための栄養補助食品として、通常は塩化クロム(III)またはクロムピコリネート(III)(CrCl 3)の形で。

ヘキサカルボニルクロム(Cr(CO)6)がガソリン用の添加剤として使用されている。

高温電線としては、クロムボロン(CrB)が用いられている。

クロム(III)(Cr 2(SO 4)3)硫酸塩は、クロムプロセスと同様に、塗料、セラミック、ワニスおよびインクの緑色染料として使用されている。

鉄、電気ストーブなどに使われるニッケルクロム化合物を作る(それは摂氏約1000-1100度の作業温度を持っているので)

クロムメッキとは
クロームメッキローラー

クロムは、金属上のクロム金属またはクロム電気メッキの電解コーティングです。

その中で、めっきは陰極と考えられ、溶媒はクロム溶液です。

硬質クロムめっき工程
硬質クロムめっきプロセスは複雑なプロセスであり、電解クロム金属は多くの化学反応および電気化学反応を通して金属表面に析出する。

クロムメッキの特徴は何ですか?

  • 硬質金属コーティングとして
    変色することなく450℃で高い融解温度を使用することができる。
    空気中ではクロムが受動的に酸素化され、表面を保護された薄い酸化物の薄い層を形成し、底部での金属のそれ以上の酸化を防ぐので、特有の緑色光がある。
    高光沢
    空気環境では完全に受動的です。
    鏡面光沢に達することができる高品質の装飾的な特徴。
    耐薬品性クロムはHCL酸または他の高温の濃縮酸でしか機能しないため、クロム層は過酷な環境、高温および高湿度での腐食に対して非常に耐性があります。
    摩擦係数が小さい:メッキの耐摩耗性と滑り摩擦が増加します。
    オイルを保持する微細な亀裂、シリンダー、銀の滑りに適したものを作ることは可能です。
    クロムメッキ
    CROM電気ネットワークです。

しばしば単にクロムメッキと呼ばれるクロムメッキ、またはクロム電気メッキは、クロム金属の薄層の電気メッキ技術である。

クロム層は、装飾されているか、さび止めされているか、光沢を高めているか、または表面硬度を増している。

時々クロム層は卑金属の美学を高めることを向けます。

クロムめっき工程
クロムめっき1層は、通常、以下の工程に従う。

金属研磨:
クロムに入れられる前の金属材料は光沢を達成する必要があるので、金属クロムメッキの前に、金属は機械的に磨かれる必要があります、化学薬品…

油を取り除く金属:
目的は、金属表面に残っている機械加工プロセスからグリースとほこりを取り除くことです。
金属の種類に応じて、異なるオイルリムーバーを使用してください。

クロムメッキに追いつく:
クロムメッキプロセスの複雑化は非常に複雑で、経験豊富な作業者がメッキ表面に均等にクロムグレードを作成できるようにする必要があります。

捕獲した後、我々はクロム溶液を含むメッキタンクにメッキ材料を入れることに進みます。
クロム層の厚さに応じて、クロム金属メッキを行います。電流モードとメッキ時間を選択します。

クロームメッキ6+:
メッキクロム6+、三酸化クロムCrO3(無水物としても知られている)を使用

Viết một bình luận

Call Now
Directions